第2回 実現したいことと今の仕事に橋を架ける

こんにちは。楳林(うめばやし)です。先週のエクササイズは「この人生で、あなたがこれだけは実現したいと思うことは何ですか」でした。何故この問いを最初に持ってきたかというと、あなたの夢とか志とかヴィジョン、さらにあなたの人生の目的に繋がるものだからです。それをどう現実化するかということがこのコーナーで大切にしたい点なのです。

先週、皆さんに質問を投げかけたところ、さっそく何人もの方からメールをいただきました。そこで、今後は、返信いただいた方の中から、毎回お一人を紹介させていただき、一言コーチングしていきたいと思います。なお、紹介するにあたっては次のようなルールを作らせていただきました。

編集長がいただいたメールにランダムに番号をつける。で私の頭に浮かんだ番号のメールを紹介することにします。これは偶然性を大切にするためです。個人個人の課題や問題は、深いところで繋がっていたりするものなので、こういう風にすると意外にも多くの方にとって重要な課題があぶりだされたりするものなのです。ですので、他の方も脈絡に関係なく、直感を使って私の質問に回答してみてください。(メールは字数制限上、要約させていただくことがあります。)

さて、先週の問いにお答えいただいた幾つかのメールから、今週はこちらの方のメールをご紹介させていただきます。

『僕は今、リフレクソロジーの教壇に立っている。それまでの仕事=背広=営業=PC関連から解放されて。人にとって大切な事を実践する方法とカウンセリングの知識を教る事によって、自分の心が潤い、生活が癒されるのだ。金銭や時間に追われることなく人に喜ばれて生きる毎日。これ以上の生活を望むのは贅沢を言い過ぎではないか?』

新しい人生を勇気を持って選択された方ですね。私の周りでもアロマセラピーとか催眠療法とかを勉強しても、経済的なことや将来を考え、なかなか踏み切れないでいる人がいます。ですので、いただいたメールの内容がよくわかります。ですが、例えばこんな質問はいかがですか?これ以上の生活があるとしたらどんな生活ですか?あなたにとって贅沢って何なのでしょうか?

ちなみに、いただいた皆さんの回答は、「全ての方を紹介したいな」と思うくらいに素晴らしく「実現したい(した)こと」を語ってくれていました。でも気になったのは、同時にブレーキをかけている感じがしたことです。「不安」「ねばならない」「べきでない」という言葉が目についたのです。エゴの声とか自己制限的な思考です。それをしっかり見つめる視点もありますが、それをちょっと横に置き「実現したいこと」に意識を向けてください。

そしてあたかも「今それが実現している」と感じながら、今の仕事、の状態を眺めてみてください。今の仕事、状態をどのように感じますか?今の仕事で、何か実現したいことと関係のある事はありませんか?そして実現している状態と今の仕事(無職も含めて)を一本の線で結んだ時、何か新たにやっておきたいことや課題はありますか?例えば、人間関係とかキャリア上のスキル習得とか・・・?

もしかしたら,「生活のため」とか「合っていない」と思っていた今の仕事、その状態も実はあなたにとってベストの選択をしているかもしれません。

こんな例があります。検査機器会社の営業スタッフをしているM子さん(36歳)は今の仕事が嫌で、アロマセラピーの資格を取得、仲間でその事業化に取り組んでいました。が、最近、年内に新しい検査機器のマーケテイング調査をまとめるよう命じられました。

初めはうんざりしていたM子さんですが、はっと気がついたというのです。

「今まで会社の外で悪戦苦闘してきたけれど、やっとわかったわ!この会社で学ぶことが自分の夢を実現する足がかりになるんだわ」と。彼女は来年にはこの会社を卒業しそうです。私は、キャリアとは結構こんなものなのかもしれないなと思ったものです。

それでは次週のエクササイズです。

● 「あなたは今の仕事(状態)で何を学び,あるいは何を卒業しようとして いますか?」

次週はこのエクササイズを受けて、どんなことが考えられるのかをみていきたいと思います。 このエクササイズに関するご回答は cn@en-japan.com までメールをお願いいたします。次回内容に皆さんのメールを反映させていきます。※送付時には簡単な自己紹介(職種や年齢等)もお願いいたします。